garu2 

 えー、これからエリン執事協会から届いた、春の人事異動を発表します。



suzuume

鈴梅なの。ドキドキなの。出ていけるかもしれないの。 



shelkq
 シェルク、今日で貧乏生活から解放されるかもしれません。ドキドキです。



maru1

おっくんと離れ離れにならないならいいわ。 




oakk 
そうですね。 私もマルと一緒がいいです。できれば他の執事のところで。



garu2 

では、発表します。 



 
garu2 

厳正なる審査の結果、Garurune所属の執事に関しては、誰も異動がないということになりました。



shelkq

ちぇっ。



garu2
ただし、給料未払いを抑止するため、経理として執事を1人増やすことを命じる。とかいてあります。



suzuume2

やったーなの!これで給料が払われるの! 



maru1

これでお野菜が買える・・・! 



oakk 
そうですね。少しでも財政状況がよくなるなら、価値があります。



suzuume

経理の人が来るの?楽しみなの。
 


garu2
経理は、以前所属していた執事が引退し、職を探していた執事を登用します、とのことです。



maru1
いい人だといいわね。ご主人をケチョンケチョンにできるような。



suzuume

そうなの。鈴梅、楽しみなの。 



garu2

あ、来たようですね。 



shelkq
(僕の鈴梅さんを略奪するような女タラシだったら許さないぞ・・・!)



suzuume

シェルクくん顔がひきつってるの。緊張しなくていいの。 



fio1
こんにちは~!今日からお世話になりますっ!フィオーラです!フィオって呼んでください! 



oakk
!!!!!!!!!!!




maru1

ええええええええええええ! ?



fio1

う、うわああああああああああ!! 




shelkq

ど、どうしたんですか? 



suzuume

なにがあったの!?



maru1

む、娘です…。 



oakk
そうです。フィオは私の娘です。 




fio1

パパ、ママ、なんでこんなところにいるの? 



maru1

こっちが聞きたいわよ。 



fio1
パパとママがいつも言ってた、ブサイクで金を払わない主人って、この人のことだったのね…。



garu2

オホン。 



 suzuume 

事実なの。正確な情報なの。 



shelkq
これからは、フィオさんがお金の管理をしてくださるのですね。 



fio1
そうでーす!怪しい支出とかあったらバンバン言うから。覚悟してくださいねー!



shelkq

だそうです。ご主人。 



garu2

なぜそこで私に話を振るのですか。



suzuume2
みんなで歓迎会やるの!経費で出すの!



 
fio1

これからよろしくお願いしますっ!