みなさまこんにちは!がるるんです!


今日は、先日行ってきた「MABINOGI PARTY 13TH 」の体験記を書こうと思います。
長くなるかもしれないので、 「続きを読む」からどうぞ。


今回の会場は大手町

大手町と言えば、箱根駅伝のスタート地点でもありますし、地下鉄路線図の中心に堂々と居座る、あの駅です。
私恥ずかしながら、東京住みでありながら大手町には行ったことがないんですね。
よくあるじゃないですか。「沖縄県民だけど泳げないんだよね」みたいなものです。

で、オフ会前に、ギルメンのshiikuさんと待ち合わせてお昼でも食べようか、という話でもしていたので、11時半くらいに大手町で合流しました。
でも大手町ってよくわからないし、行き止まり感半端ないところにお店があったりするし、いろいろお店は見ましたが、最終的にうどん屋さんに入ってうどんを食べることにしました。


P_20180414_114247



僕が頼んだうどんは、「あさりと酢橘のうどん」でしたが、なかなかにおいしかったです。酢橘のエキスがすごい出てて、食べた後に口の中が柑橘の香りですごい満たされましたが。息のにおいがきっと柑橘のフローラルな感じだと思いましたが、shiikuさんにかがせるわけにはいかない、ギルマスとしていかんと自分を律しました。

それよりもね、店員さんのAC部感が半端なくて、あの人うどん屋で接客している影で紙芝居とか書いているんじゃないかと思ったんですよ。もううどんがボブネミミッミに出てくるようにしか見えない。


うどんを食べた後は大手町をぶらぶらしたのち、マビノギ歴 数世紀の有名ブロガー、サンブーカさんと合流しました。
日経ビルに入ったところで、「お手洗い行きたいなー、上の階にあるかな」と僕が言い、shiikuさんが「あるでしょwなかったとしても増築してますよ」と言ったのですが、日経ホール前の構内図を見たところ、

トイレは地下にしかなかった。

私は「なんだよ!この欠陥ビルは!」「誰だよこのビル設計したの」「設計ミスだよこれ!」と構内図前で騒ぎまくったものの、だからと言って誰かがトイレを作ってくれるわけでもないので、おとなしく地下まで下りて用を足しました。くそう日経ビル、覚えてろ。

nikkei



会場に並び、荷物検査を済ませた後、受付へ。
僕の前には、ギルド「もち」の皆さんがいたので、「おーい!ぴるろっとさんー!」とフレさんの名前を叫んだところ、隣で受付をしていたshinochiさんが振り向いたので、その人をぴるろっとさんだと思い込んでいたら、金のパナッシュで有名なバルゥさんが「ぴるろっとこっちだけどな」と教えてくれました。shinochiさんなぜ振り向いた。人違いをしておいて人を責めるダメ人間っぷりを早々発揮したのでした。

会場ではshiikuさんとサンブーカさんをほっぽって名刺交換にいそしみ、いろいろな人に会いました。名刺交換いっぱいできました。
会場ではシールを集めている人がいっぱいいましたが、私はシール集めには興味がなかったので、ひたすら緑色のアンズのシールを人に渡していました。「やった!緑色だ」と喜んでいたのですが、結構アンズの人多かったんですね。

名刺交換のかいあって、開演前には90枚の名刺を配り終えました。

ステージアクトはどれも素晴らしいものでしたね。
軟式グローブは、もろに自分が「学校へ行こう!」を毎週見ていた世代だったので、大好きでした。パークマンサーさんが目の前にいる!という感動がありました。
アップデート情報、コスプレコンテスト、クイズ大会と、どれも盛り上がりました。コスプレコンテストはどれも素晴らしくて、感動で目頭が熱くなりました。

抽選は当たり前のように外れました。知ってた。

2次会は、ギルメンさんと一緒に秋葉原へ
銀座線とか久しぶりに乗った。そして、今までミレシアンしかいなかったオープンな空間から、ミレシアンが少ない社会に解き放たれたあの寂寥感と緊張感・・・あれは毎年のものながら、慣れませんね。

さて、今回はいつも飲むところよりも若干いいランクのお店で飲みをしましたが、「イカの白子」とか、「レタスの肉巻き」とか、初めて食べるものがいっぱいありました。
というかイカの白子ってどこの部分…?

2時間くらいくっちゃべって、それぞれ帰りました。
帰りの電車はグースカ寝て、危うく寝過ごすところ。

DayXe6gU0AE7A3y


今年は最終的には120枚くらい交換できました。
公式の名刺が足りなくなったので、2年前のオフイベの名刺を配ったりしましたが、それでもまだまだ交換できなかった人が多いし、もっといろんな人と交換できたらいいなー…と。
毎週マビノギパーティでもいいよね。ほんと。

ということで、名刺交換をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
また来年も、全身緑を探してみてください。